平和の温故知新@はてな

ライトノベル関連のニュース、感想、考察などを書いていました。管理人まさかの転職により2013/04/06を持って更新停止。……のはずが、たまに更新されることも。

「子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき」短文感想

大変素晴らしかった。
1巻から半年経って、色々と再登場したり振り返ったりする面々も良いし、変わりつつある主要ヒロイン達も魅力的。
自分的にはあまりマークしていなかった鹿野桃子さんが大躍進だた。まぁそれでも仙波、佐々原の壁は厚いか。
(試験的に読書メーターに書いたものをそのままコピペ)


……いやしかし、これは短いな。
んー、印象に残ったもののひとつは作中で言及されてた「時間芸術と空間芸術」ですかね。
ほぼ初耳状態の用語だったんですが、だいぶしっくり来ました。
私はどちらかというと時間芸術の方を好むなぁ、と思いつつライトノベルって両者融合でやってるわけで、
じゃあどっちも好きなんじゃねぇか、とも。


あと籠目氏のイラストが今回もすごく素敵。
巻を追うごとにイラストが好きになっていく&良くなっていくのは幸せ。