平和の温故知新@はてな

ライトノベル関連のニュース、感想、考察などを書いていました。管理人まさかの転職により2013/04/06を持って更新停止。……のはずが、たまに更新されることも。

「ウェスタディアの双星」感想

ウェスタディアの双星―真逆の英雄登場の章 (電撃文庫)

ウェスタディアの双星―真逆の英雄登場の章 (電撃文庫)


「お留守バンシー」でデビューした小河正岳氏の新シリーズ。既に3巻まで刊行。
数ヶ月前に某氏からこの作品について意見を聞かれたのですが、その時は未読だったので曖昧な回答をした記憶が。
それがひっかかってた…というのもありますし、ここ最近ついったーなどでも作品名を見かけていたので読んでみました。
「二巻から登場の、お嬢がいい感じ。」という言葉に釣られたわけじゃありませんよ?


以下、読書メーターとついったーに書いたコメントを転載

手軽に読めて、面白かった。ただしややテンプレ通りの気配あり。

ウェスタディアの双星」読んだ。銀英伝をフルコースだとすると、おいしいラーメンな感じ?
ミスマルカとか復活の地なんかも連想しつつ楽しく読めた。


「祖国のピンチに救世主が!」というのは「ミスマルカ興国物語〈1〉 (角川スニーカー文庫)」あたりを連想しつつ読みました。
「お姫様とそれを支える外交官」ってところは「復活の地 1 (ハヤカワ文庫 JA)」と似たところがあります。
(まぁ肝心のお姫様の性格がだいぶ違いますが・・・)
上でも書いちゃってますが新シリーズ1巻なので内容はほぼお約束通りなのですよね。
ゲーム盤に必要な駒を並べていった、という印象です。
やっていることはそれでも気が付くと1冊読みきっていた辺り、作者にうまく乗せられているのかも。
2巻3巻と進んでいったときにどうなるのか、楽しみにしたいと思います。
次はいよいよお嬢さん登場ということなので、そっちにも期待。