平和の温故知新@はてな

ライトノベル関連のニュース、感想、考察などを書いていました。管理人まさかの転職により2013/04/06を持って更新停止。……のはずが、たまに更新されることも。

感想


昨年の新人さんの中でも極めて多作。もう7冊目です。まあ、ファミ通文庫だ(略
今回は表紙でわかるとおり、2巻で登場した怪盗百色家のお話。
ちなみに、金ピカなMSとは完全に無関係だそうです。


いやあ、今回も面白かった。前回6巻ではアクション少なめだった反動もあるのか、とにかく暴れます。
サブキャラとその家族を主役にして、それがお話としてうまく主人公ら家族と対比されてるのも良い。
毎回、アクション大目だと変なインフレ起こりかねないし、このさじ加減は丁度いいです。
いろいろ書いてるけどとにかく今回の「百色・白色・白騎士」達は素敵でした。


あとがきにて、ガーゴイル8巻と完全新作の話が出ていました。
違う話も是非読みたいと思える作家さんなので、今後に期待です。